近江草津徳洲会病院

代表
TEL 077-567-3610
FAX 077-567-3650
診療予約・変更
077-516-2794

月~金(14:00~16:00)

健診センター
077-516-2769

月~土(9:00~17:00)

 お問い合わせ
はこちら

診療科・部門

看護部長のご挨拶

「地域の皆さまへ」

認定看護管理者 保健師 看護部長
大河 治子

4月に病棟編成を行い、地域包括ケア病棟(49床)が開棟しました。 当院の役割の一つとして、地域の方々と「つながる・ふかまる連携」を強化し、患者さま・ご家族さまがより安心して、この地域で生活・療養を継続していただけるよう当院スタッフがチームでご支援させていただいています。地域包括ケア病棟は、特にその役割が強く、入院前の活動レベルでご退院していただけるよう、スタッフ自前の動画で患者さまには毎日リハビリを行っていただいています。

7月1日には、近江草津徳洲会訪問看護ステーションが開設し、既存の通所リハビリ、昨年から始まった訪問診療と合わせ、ご退院後の療養支援サービスが手厚くなりました。

地域の皆さまに安全と安心、そして温もりをお届けできるよう励みます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

「保健・医療・福祉関係の皆さまへ」

少子高齢化多死社会への施策が進む中、現場はその現状をひしひしと実感しています。 家族構成の変化、人々の多様な価値観、命の尊厳、終末期医療・看護など変化が激しく人間関係の希薄な現代だからこそ社会に貢献するために、「看護とは」を問い続ける必要があるかと思います。さらに看護師として「看護の本質」を探求し、かつ自律心を養い自身の看護感が醸成できるよう看護部の体制と教育に力を注いでいます。

その一環として昨年は外部講師をお招きし、フィジカルアセスメント・急変時対応の教育を強化、今年度も引き続き継続学習として月2回実施しています。また新たに外部の専門看護師から家族看護・老人看護・倫理を学び、看護の実践につなげられ「看護の質」向上に励みます。

7月からユニホームが変更となり心機一転、看護師としての責務とチーム力の強化を図り精進して参ります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



過去の記事

過去のご挨拶はこちらから