近江草津徳洲会病院

代表
TEL 077-567-3610
FAX 077-567-3650
診療予約・変更
077-516-2794

月~金(14:00~16:00)

健診センター
077-516-2769

月~土(9:00~17:00)

 お問い合わせ
はこちら

診療科・部門

看護補助者

看護補助者とは

看護が提供される場において、看護チームの一員として、看護の専門的判断を要しない療養上の世話業務および診療の補助に関わる周辺業務を行う。引用(出典:日本看護協会 業務委員会:看護補助者の業務範囲とその教育等に関する検討報告書、平成8年)

業務実施の体制

看護チームとして安全で効果的な協働

看護師
看護職と看護補助者の役割の違いを理解し、適切な指示ができる
看護補助者
自らの役割や責任の範囲を明確に理解し、安全に業務が実施できる

業務の内容

看護補助者業務範囲(日本看護協会より引用)看護業務の中の「看護の専門的判断を要しない業務」を看護補助者業務と定める。

周辺業務

生活環境に関わる業務
  • 生活環境に関わる業務
  • 病床および病床周辺の清掃・整頓
  • 病室環境の整備
  • リネン類の管理 等
診察に関わる業務
  • 処置検査等の伝病類の準備、整備
  • 診察に必要な書類の整備、補充
  • 診察に必要な機会・器具類の準備、片付け
  • 診療材料の補充・整備
  • 入退院・転出入に関する業務 等

直接ケア

日常生活に関わる業務
  • 身体の清潔に関する業務
  • 排泄に関する業務
  • 食事に関する業務
  • 安全・安楽に関する業務
  • 移動・移送に関する業務 等

看護補助者会

会議

毎月1回 看護補助者会を行っています。各部署の看護補助者の皆さんに集まっていただき、

  • 業務で困っていること
  • 業務改善の提案
  • 補助者間での業務の統一

など話し合っています。

研修

毎月の会議の後に研修を行っています。

H30年度研修計画(14:00~15:00)
4月
  • 技術研修(体位変換・移乗・おむつ交換等)
5月
  • 医療制度の概要 病院の機能と組織の概要
6月
  • 医療チームおよび看護チームの一員としての看護補助業務理解
7月
  • 看護補助者の業務の具体的内容
9月
  • 組織(チーム)の一員として看護補助者の役割(グループワーク)
10月
  • 看護補助者業務を遂行するための基本的知識・技術(日常生活に関わる業務)
11月
  • 感染予防・対策について
12月
  • 口腔ケア・認知症対応・接遇
1月
  • 守秘義務・個人情報の保護
  • 看護補助者業務における医療安全
3月
  • 看護補助者のナラテイブ

日々の業務

令和2年5月から一般病棟でも看護補助者さんに夜勤をしていただいています。しっかり休憩・仮眠をとっていただくためのお部屋を看護補助者さん用に準備しています。

看護師と協力しながら日々患者さんが快適に過ごせるようケアをさせていただいています。

日々、患者さんのそばに寄り添い、お話を聞いたり身の周りのお世話をさせていただいています。

入院をされてくる患者さんが気持ちよく治療・療養していただけるよう、環境整備にお掃除もしっかり行っています。

看護補助者同士も仲が良く和気あいあいと楽しく仕事をしています。

看護補助者さんからの一言

6階西病棟 看護補助者  渡邊 香菜(写真:右)

私がこの仕事を選んだ理由

人のお世話をすること。誰かのお役に立つことをしたいと思ったからです。
患者様から「ありがとう」と言ってもらえる、とても“やりがい”を感じる職業だと思います。
それから、私は小さい子供がいるので病院の保育所で預かってもらえることも理由の一つです。

実際に仕事についての感想

“自分の思い”を伝えられない患者様が多くおられ、患者様にとって何が必要なのか、お一人おひとりに合わせた援助は何かをいつも考えてケアさせていただいています。
そのため患者様をよく観察し、患者様の思いを察する力を身につける必要があり、自分自身の成長にもつながります。
お一人の患者様と長く寄り添い、ケアを行いながら、日々の活力につなげ楽しく勤務できています。

6階西病棟  看護補助者  辻 愛(写真:左)

私がこの仕事を選んだ理由

人のお役に立てる仕事に興味があり、病院内での看護補助者の役割を知り、さらなる成長に繋げたかったので入職しました。

実際に仕事についての感想

病院で働くことも、介護の仕事をすることも初めてでした。
オムツ交換、食事介助など基本的な技術や介護に必要な知識を学ぶことができました。
また、患者様と接することでコミュニケーションの大切さを知り、先輩方が患者様と接する姿をみて、言葉でコミュニケーションが図れなくても、行動や表情で心を交わすことができることを実感しています。

看護部長から一言

看護補助者さんは看護を行うにあたり、看護師との協同でとても大切な重要な役割を担っていただいています。看護補助者の皆さんが患者さんのために「心に届く看護」を共に実践し「やりがい」や「達成感」を感じていただけるよう看護部全体で働きやすい職場環境に努めています。

全くの未経験の看護補助者さんでも、患者さんの一言に喜びを感じて日々頑張っていただいています。患者さんからの感謝の言葉がいただけるケアの提供に私は看護部の皆さんに感謝です。