在宅医療のご案内

在宅医療とは、医師、看護師、薬剤師、リハビリ専門職等の医療関係者が、往診及び定期的に通院困難な患者さんのご自宅に訪問して提供する医療行為の総称です。

患者さんやご家族などの皆さんが、
「住み慣れた自宅や地域で過ごしたい・過ごさせたい」
「できれば最期は家族と一緒に暮らしたい・看取りたい」
ことを望まれたときに提供する医療です。

月1回以上の定期的訪問診療対象となられる方

  • お一人での通院が困難な方
  • 後遺症、認知症で通院が大変な方
  • 骨折などで通院が困難な方
  • カテーテル使用中の方
  • 退院後自宅療養に不安をお持ちの方
  • 在宅酸素、人工呼吸器を使用中の方
  • がん、難病で自宅療養中の方

内容

原則として月1回以上、予め計画した日時に医師がご自宅をお訪ねし、診療・検査・お薬の処方などを行います。

訪問診療の目的は、

病気の治療だけではありません。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡などの予防、栄養状態の管理など、入院が必要な状態を未然に防ぐことも重要な役割です。

私たちは、患者さんが在宅で安心して療養生活を続けられるよう、総合的にサポートします。

ご利用を希望される場合は、当院在宅医療部に、介護保険をご利用されている方の場合は、
担当のケアマネジャーにご相談ください。