教育プログラム

クリニカルラダーキャリア開発プログラム

レベル1~4は、臨床看護実践能力の取得段階を示し、専門看護領域と看護看護領域へと進める。
臨床看護実践能力の育成を土台に、個々の看護師が将来目標の設定ができる教育計画を考える。

クリニカルラダーキャリア開発プログラム

臨床看護実践能力レベル 1

到達目標
  1. 日常生活援助のための基本的知識・技術・態度を身につけ、ベッドサイドケアが安全・確実にできる。
  2. 看護師(チームメンバー・担当看護師)の役割と責任を果たすことができる。
  3. 院内外研修、看護実践を通して、看護の知識を深めることができる。
研修プログラム
  1. 採用時研修
  2. フォローアップ研修(3ヵ月・6ヵ月・12ヵ月)
  3. 基本的看護技術研修
  4. 看護過程と看護記録研修
  5. 事例検討
  6. 看護研究に対する意識付け

臨床看護実践能力レベル 2

到達目標
  1. 看護過程を踏まえた個別的看護ケアが実践できる。
  2. 看護師・チームリーダー・担当看護師の役割と責任を果たすことができる。
  3. 院内外研修の学びを、看護実践の場に活かすことができる。
研修プログラム
  1. 看護実践と看護倫理に関する研修(看護観)
  2. アサーティブコミュニケーショントレーニング研修
  3. 看護倫理研修
  4. 事例検討
  5. 看護研究の推進

臨床看護実践能力レベル 3

到達目標
  1. 専門領域における看護実践の役割モデルとなれる。担当看護師としての役割モデルとなれる。
  2. 医療チーム内でのリーダーシップを発揮できる。後輩及び看護学生に対して指導的にかかわることができる。
  3. 看護研究-院内外研修を通して、看護実践を深めることができる。
研修プログラム
  1. 目標管理研修
  2. 指導的な役割実践(学生指導・業務改善・教育委員・リスクマネジメントなど)
  3. 看護研究の実践
  4. 事例検討(クレーム事例への対応)

臨床看護実践能力レベル 4

到達目標
  1. 専門看護師として、役割モデルとなり、専門性を発揮できる。創造的な看護実践を展開できる。
  2. 単位における課題を明確にし、目標を示しながら管理行動がとれる。単位における教育的役割がとれる。
  3. 管理及び専門分野における研究開発を行い、変革の推進者となれる。
研修プログラム
  1. 後輩育成のためのコーチング研修
  2. 目標管理研修
  3. 人事考課
  4. 事例検討(看護者倫理綱領)
  5. 専門看護領域研修