近江草津徳洲会病院

代表
TEL 077-567-3610
FAX 077-567-3650
診療予約・変更
077-516-2794

月~金(14:00~16:00)

健診センター
077-516-2769

月~土(9:00~17:00)

 お問い合わせ
はこちら

診療科・部門

看護部について

看護部理念

  1. グループの理念・方針のもと人間尊重の精神を基盤にする。
  2. 人間を全体的・総合的に捉え倫理観をもって全人的看護を実践する。
  3. 専門職として常に知識技術の向上を目指す。
  4. 対象が何を求めているか感じ取りその人らしく生きていけるように支援するために自己教育力を高める。

心に届く看護とは、人間関係を基盤にしながら専門知識と技術を持って、対象に関心を寄せ、気遣いをもってかかわること。

看護部の方針

  1. 多様な価値観を持つ患者様、おひとりお一人の命の尊厳を尊重し、 手のぬくもりと聞く・語るに想いを巡らせ、自分の看護を振り返り真の看護の心」で 「こころに届く看護」を実践します。
  2. 私たちは、患者様の安全・安楽を護るために事故防止に努めます。
  3. 私たちは専門職として、専門的知識、技術を高め、科学的根拠に基づいた質の高い看護  を実践するために学び続けます。
  4. 私たちは、患者様を中心としたチーム医療を実践し、地域との有 機的な連携を行い在宅療養を支援します。
  5. 組織の一員として、積極的に病院経営に参画します。

看護部長メッセージ

看護部長 認定看護管理者
保健師 大河 治子

2017年10月に超急性期病院から異動し4年目を迎えています。
中規模病院である当院は、横のつながりチームワークが良好であることが強みであると実感しています。そのチームワークで地域の方々に医療・保健・福祉で貢献を進めていきたいと考えます。

私は、この3年間で以下の事に努めてまいりました。

  1. 中規模・地域密着型病院としての役割の推進と創造
  2. 療養環境の充実
  3. 教育環境の充実
  4. ワークライフバランスの充実
  5. 急性期病院からの離職者の積極的な受け入れ
    また、小規模医療施設・介護施設から急性期を学びたいという看護師の受け入れ
  6. 介護部門へ積極的な参画
  7. 保健予防活動の推進 など

教育は病院の「顔」であると思います。中規模・急性期ケアミックス病院ならではの看護部教育の充実と社会・地域の情勢や要望に応えられる組織づくりにさらに励んで参りたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

病院・看護部の特徴

当院は、地域密着型病院として患者さんに最も近く、患者さんの人生に深く関われる医療・看護サービスの提供を目指しています。
中規模病院としては数少ない、放射線技師・臨床検査技師・薬剤師が当直を行い、「年中無休・24時間オープン」で救急医療を提供するという徳洲会の基本方針を実践しています。地域の方々に「かかりつけ医」のように24時間いつでも受診していただける「安心」を提供することも目的の一つです。
また、急性期から在宅まで幅広い医療・看護の提供を行い、そこには様々なステージの患者様との出会いがあります。多様な価値観の現代において、患者様・ご家族様の尊厳を尊重し創造的な看護で専門職として大きく成長させてくれる環境に多職種で日々研鑽しています。



過去の記事

過去のご挨拶はこちらから