受診される方へ

ホーム > 受診される方へ > 診療科のご案内 > 外科

診療科のご案内

外科

午前診 (受付 8:00〜11:30 ・ 診察 9:00〜 ・ 検査採血 8:30〜)

診察科

外科

(乳腺外来)

T診 泉 浩

梶原

泉 浩

担当医

泉 冬樹

第2週

梶原

第1・4週

泉 浩

第3週

泉 冬樹

第5週

和田

乳腺外科 U診

石井

- -

第1・3週

-

-

夕診 (受付 16:00〜19:30 ・ 診察 17:00〜)

診察科
外科 金井 野浦

梶原

和田

泉 浩

-

※急患はこの限りではありません(救急外来は24時間診察・年中無休)。
※学会等の出張ため、変更の生じる場合があります。院内の掲示物をご確認ください。
※女性医師は朱色で表示しています。

はじめに

当病院外科の診療目標は「年中無休、24時間オープン」「低侵襲な手術」

24時間体制で臨み、迅速に対応する救急手術をはじめ幅広く患者様の治療にあたっています。患者様の痛みの軽減、整容性の向上を目的に低侵襲な鏡視下手術(腹腔鏡、胸腔鏡)まず第一に選択する方針です。

治療

手術について
消化器全般(消化器癌、胆石症、虫垂炎)をはじめ、直腸脱腹壁ヘルニア(鼡径ヘルニアを含む)肛門疾患乳腺疾患を対象に行っています。鏡視下手術を、癌を含む胃切除・大腸切除・小腸切除、胆嚢摘出(胆嚢結石症、急性胆嚢炎等)、虫垂切除、直腸固定、鼡径ヘルニア手術(成人男性はTEP手術、小児・成人女性にはLPEC手術)、肺切除等に行っています。

癌治療について
基本的にはガイドラインや科学的根拠に基づいた治療を行っており、手術術式に関しては癌の進行度に応じ、根治性と機能温存(直腸癌の神経温存・超低位結腸肛門吻合等)のバランスを考え決定しています。また、術後のフォローアップ、化学療法の治療を行っています。

ヘモ、ヘルニア、アッペついて

最もポピュラーな疾患であるヘモ(痔核)、ヘルニア(鼡径)、アッペ(虫垂炎)の治療について

内痔核:脱出性内痔核(V度、W度の一部)、出血性内痔核はALTA療法(ジオン注による硬化療法)の日帰り手術を第一選択に、W度には疼痛の少ないPPHもしくは痔核切除を行っています。  

鼡径ヘルニア:再発がほとんどない腹腔鏡下ヘルニア修復術(TEP)、成人女性・小児には腹腔鏡下ヘルニア嚢結紮術 (LPEC)を行っています。LPEC手術では将来約30%ある反対側発症の治療も同時に可能です。

急性虫垂炎:腹腔鏡下に単孔式手術を原則としています。汎発性腹膜炎は多孔式手術で行っています。

外科疾患でお困りのことや、ご相談があればお気軽に外科外来を受診ください。

医師紹介
<外科> 

 泉  浩:副院長

      1980年徳島大学卒、1980年5月〜2013年3月京都第二赤十字病院勤務

      2013年4月より本院勤務

 泉 冬樹

      仁恵会石井病院 外科

 堀 庸一

      大阪府済生会茨木病院 外科副部長

 戸田 孝祐

      京都大学医学部附属病院 消化管外科

 和田 征大

      京都大学医学部附属病院 肝胆膵・移植外科

 横山 大受

      京都大学医学部附属病院 消化管外科

 

<乳腺外科>

 石井 亘

      京都第二赤十字病院 救急科副部長

      日本乳癌学会専門医 

 

 

↑このページのトップに戻る