受診される方へ

ホーム > 受診される方へ > 診療科のご案内 > 整形外科

診療科のご案内

整形外科

午前診 (受付 8:00〜11:30 ・ 診察 9:00〜 ・ 検査採血 8:30〜)

診察科
整形外科 T診 富田 佐々木 佐々木 芝田 西脇

担当医

U診

10:00〜

奥村

冨士井 芝田 担当医 -

【予約外来】

第1・3週

前田

(膝専門)

夕診 (受付 16:00〜19:30 ・ 診察 17:00〜)

診察科
整形外科 - -

17:30〜

奥村

-

17:30〜

熊谷

-

※急患はこの限りではありません(救急外来は24時間診察・年中無休)。
※学会等の出張ため、変更の生じる場合があります。院内の掲示物をご確認ください。
※女性医師は朱色で表示しています。

はじめに

当院の整形外科では、骨折や靭帯損傷などの外傷から、腰痛、膝痛などの慢性疾患まで、整形外科全般の治療を行なっています。手術症例が多く(H24年度 約700例)、日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本手外科学会の認定研修施設となっています。滋賀医科大学や、野村整形外科、はたスポーツ整形クリニックなど近隣の施設とも連携して多くの手術と術後のリハビリを行なっています。

治療

骨折などの外傷症例が多いですが、中でも、手関節や指の外傷が多いのが特徴です。腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に対する脊椎手術、変形性股関節症や変形性膝関節症に対する人工関節置換術なども行なっています。

 

骨折について
骨折部の転位が大きく不安定な場合、関節面に及ぶ骨折の場合は、手術を要することが多いですが、早期に強固な内固定を行ない、リハビリを開始するようにしています。

 

手の外科について
肘、前腕、手関節、指の骨折や靭帯損傷、腱断裂(リウマチによるものも含む)や、手根管症候群などの末梢神経障害の治療を行なっています。できるだけ早期に回復するように骨接合の仕方、腱縫合の仕方を工夫しており、スポーツ選手の外傷も数多く取り扱っています。

 

脊椎疾患について
腰椎椎間板ヘルニアに対しては、保存的な治療(手術以外の治療法)が原則ですが、手術を行なう場合は、拡大鏡を用いた小切開での手術を行なっています。経過が良好であれば、術後約1週間で退院可能です。他にも、腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓形成術、固定術なども行なっています。

人工関節置換術
膝や股関節の変形性関節症や関節リウマチによる関節変形に対して、人工関節置換術を行なっています。


関節鏡手術について
膝や肩の手術は、関節鏡を使って手術をすることが多いです。関節鏡視下靭帯再建術、半月板手術などを行なっています。

 

 



日本整形外科学会認定研修施設 

一般社団法人日本リウマチ学会より教育施設に認定


症例数

 

↑このページのトップに戻る